フリーター歴5年目がフルキャストの活用法を伝授

≪目次≫

登録会について

とくに準備するモノは何もない。
服装は普段着でOK。
「派遣とは・・・」みなたいなビデオ&説明を聞いて解散です。
人が足りない時期は、登録会で翌日から働ける仕事を斡旋してきました。

私が最初に登録した時はこんな流れでしたが・・・
今はスマホさえ持っていれば、WEBから登録してすぐに仕事を探せます。
必要なのは身分証明書のみ。
学生証や運転免許証をスマホで写真撮ってアップロードするだけで、登録は簡単に完了します。

当たり前ですよね。
登録会なんて何も意味なかったですから。。。

仕事の探し方

仕事探しはキャストポータルにログインして自分で探す。すると応募した翌日には結果がメールで届く。
稀にメールが遅れる時もあるけど、キャストポータルで「紹介済み」となっていれば仕事は確定。

あと働き方には「スポット」と「レギュラー」がある。
スポットは1日単位の単発の仕事。レギュラーは長期で同じ職場に入る仕事。

スポットで何度か入っている現場にレギュラーで誘われるのが理想。
最初からレギュラーでもいいけど、キツイ現場で続けられそうも無かったらバックレるしかなくなる。無断欠勤すると、その後フルキャストでは仕事紹介をしてもらえなくなるので要注意。

給料の受け取り方について

給料の受け取りは直払いや週払いもあって、派遣先企業(現場)によって様々。
基本的には月払いだと思っていた方が良い。

どうしてもお金が足りない場合は、即給という前払いシステムを使う事が出来る。
即給は手数料が引かれるから出来れば使わない方が得だけど、カードローンやキャッシングに頼るよりはマシ。
企業IDがキャストポータルに反映されていれば、即給の申請は可能。

時給/日給について

フルキャストのの時給は他の派遣会社と比較するとマシなほうです。
これは実際に現場の休憩所で、他の派遣会社を利用している人に何度か確認しているから間違いありません。
聞いたこともない無名の派遣会社に登録してしまうと、同じ仕事をやっているのに時給が150円違った事もありました。
8時間働いたら弁当代+交通費をまかなえる金額。
ブラックリストに載っていない普通の人であれば、登録先はフルキャストのような大手から攻めるのがいいでしょう。

フルキャストの良いところとダメなところ

掲示板の評判を読むとフルキャストってボコボコに叩かれているけど、実際に働いている感想からするとそんなに酷いとは思わない。
社員の態度が悪い時もあるけど、常識の範囲内であって暴言吐かれたりはない。
以前テイケイワークスで働いた事があるけど、あそこより社員の質は良いと思う。
フルキャストの評価を簡潔にまとめてみました。

・求人件数が豊富で仕事がすぐに見つかる。
・キャストポータルでほぼ完結できる。
・質が悪いと言われている社員との接触はほぼない。

フルキャストの上手な活用法

フルキャストの上手な使い方は、永遠の2軍という扱いが良いと思う。

①まずは登録
単発の仕事を探すのにフルキャストは便利です。
しかもお給料の前払いも可能なので、出費が続く時には頼りになります。
なのでまずは登録しておいて損はない。
ネットですぐに登録する方法はこちらに記載されているので参照してください。

②登録先を増やす
フルキャストのような軽作業系を専門としている派遣会社の時給は低め。
その対抗策としては、時給が高めである他社の派遣会社へも登録先を増やすのがベスト。
私のおススメは、テンプスタッフ
単発の軽作業系の仕事だけでなく、販売系やオフィス系もあるから、徐々にそちらへシフトしていくと時給も上がりやすいです。

③仕事探しは他社を優先
仕事を探す時は、フルキャスト以外から優先的に探す。
他社でどうしても条件に合う仕事がなかった場合のみフルキャストで仕事をする。
(時期によって求人数が激減する時でも、フルキャストなら仕事がある場合が多い)

このようにすれば、無駄なく働けると思います。

最後に注意事項。
フルキャストグループ内にもいくつも派遣会社がありますが、他社といってもそこに登録してもあまり意味はないです。
同系列の「トップスポット」や「フルキャストアドバンス」と「フルキャスト」の違いを説明。

ページの先頭へ戻る